重要なお知らせエリアを非表示

マスクに付ける
    フェイスシールド
faceshield attached to the mask.

Our Story

「わたし達の思い」
わたし達は、現場で働く方に少しでも お役に立てればと考えています。

毎日使うものは、シンプルで美しくあって欲しい。
軽量で邪魔にならず、煩わしさをともなわない、手軽な道具であって欲しい。

「safety shield™」は、
    なぜ 生まれたのか・・・。

わたし達は習慣的にマスクを着用しています。 そして無意識のうちに、髪や顔に触れていることに気づきます。新型コロナウイルスの感染経路として、飛沫感染のほか「接触感染」にも注意が必要です。 それならば「マスクと一体となり一緒に装着できれば!」と、このシールドを考えました。マスクとシールド間に適度な空間を持たせ、快適性と「下側からの飛沫」も抑制できる様にデザインしました。

Feature「3つの特徴」 試作をなんども繰り返し、進化してきました。そして これからも・・・。

他社製品と比べ、よりフェイスラインに沿った形状に設計しました。

  • 01

    マスク利用で簡単装着!

    マスクと一緒にフェイスシールドを着用できます
    マスクへの取付は「2ステップ」スリットにゴム紐を通して、すぐに着用できます。あとはマスクガイドの位置をお好みに調整してください。

    簡単に組み立てられ、片付けるときには場所をとらない。例えば、A4のクリアファイルに入れて持ち歩け、サッと取り出し使え、使ったあと平にしてサッと拭ける。
  • 02

    頭を締めつけない!

    髪型が崩れない。
    おでこのバンドが無いので、ファンデーションがつかない。
    髪型を気にするストレスもなく、軽量なので長時間の使用でも疲れません。
    顔を左右に動かしてもシールドが肩に当たることもありません。

      手軽に、そしてスタイリッシュに。
  • 03

    下からの飛沫も防ぐ!

    お互いの飛沫を防止
    「相手へ思いやりの証(あかし)」
    マスクに付けるタイプなので、
    従来のフェイスシールドに比べ下側の開きが抑えられます。 飲食店などの対面はもちろん「歯科医院」やエステサロンのような至近距離で人と接する時にも、飛沫を防止します。
PickUpエリアを非表示

大切な人を守るためにsafetyshield™には、「マスクに付ける」タイプとマスクのように「耳に掛ける」タイプの2種類があります。
いつもマスクを付ける方には「マスクに付ける」タイプ、笑顔を見せたい方には「耳に掛ける」タイプをお薦めします。

「マスクに付ける」タイプは、使い捨てマスク専用となります。
「耳に掛ける」タイプは、マスクを着用しない時やウレタンマスクの場合にお使いください。

お知らせ「よくある質問」や「最近の動向」をお知らせします